門まわりを演出する石

門まわりについては、そこが素敵だと家全体がいいなと思うことができますね。家の中よりも、外観を見て人は感動することが多いです。そこで、門まわりを考えて作ることにより人に感動を与える家つくりをすることができます。しかも自分も家族も、満足できる家にすることができるのです。ここでは、その門まわりに使われている石などについてお話します。

・敷石
門まわりというのは、玄関までに歩きやすく作ることが大事です。水が溜まっていると、たちまち歩くことができなくなります。また歩くことができたとしても、靴が汚れてしまいますね。そこで便利に使うことができるのは、敷石です。これを敷くことによりとても歩きやすくなります。
また敷石の場合は、いろいろな形があるのでそれにより印象も違ってきます。小さいものもあるし、大きく歩きやすいものもあります。玄関や門まわりの大きさに合わせて、それぞれ使うことをおすすめします。特に和風の庭には、敷石がとても似合います。

・レンガ
レンガを使って、アプローチを作ることがあります。レンガがいいのは、なんと言ってもやすいことです。ホームセンターなどでも買うことができて、自分で作ることもできます。レンガを使って、小さい花壇を作ることもできます。その花壇に色とりどりの花を植えると、たちまち玄関周りや門まわりが華やかになります。
またレンガの色は、緑ととてもよく合うのでそのことからもよく使われています。

・タイル
タイルを使って、玄関周りなどを作ることがあります。タイルの場合は、少し滑りやすいこともあるのでその点で注意を知って選ぶことが大切です。また色を玄関の色と合わせたり門と合わせたりして統一感のある演出にしましょう。バラバラの色だと、印象が悪くなります。落ち着いた印象にするためには、合わせることが一番です。

・砂利
砂利を敷き詰めることにより、防犯対策とすることができます。音がするので、その音で防犯に役立ちます。