門周りとアプローチ飾りに花段を設置

門周りとアプローチは、通りに面しているスペースなので、人目につきやすい場所です。
狭いスペースをいかに活かして、門周りやアプローチを美しくコーディネートできるか?といったことが、その家主のセンスにかかっているので、よその家ではなかなか見られないような、花飾りのテクニックを取り入れると良いでしょう。

人目につきやすい場所には、花を飾るのが一番ですが、庭のスペースが取れないといった街中の家のために、フェンスの間に、鉢植えを置ける花台を設置してみましょう。
塀のレンガ素材の間に、アール形状の鉄製のフェンスを設置して、可動式の花台を取り付けると、季節ごとに、花のサイズに合わせて、鉢植えを置いて飾ることができます。
フェンスが花台になるので、邪魔にもならずに、家の内側、道路側から見てもとてもおしゃれです。
アイアンの花台を別に購入しなくて良いので、門周りやアプローチもすっきりとした装飾が可能になります。
門周りとアプローチの塀が、シンプルな統一したデザインよりは、アイアン素材を中間に盛り込む方が、華やかですし、花台に季節の花を飾ることによって、見栄えもします。

塀のタイルの間のアイアンに、花台を置いて鉢植えを飾ると、いつも家の前を通る人や車が、自分の家をチェックしてくれるので、防犯対策にもなります。
アイアンの花台の鉢植えを、風で飛ばないように、アイアンに針金などで巻き付けておけば、台風や暴風時にも安心です。

門周りやアプローチに、花をたくさん飾りたいからと、鉢植えをたくさん並べている家も多いですが、鉢植えが暴風で倒れる心配もあるので、鉢植えを固定できる場所に飾るのがベストなのです。
鉢植えの重さは、5キロぐらいまで置くことができます。
門扉を造る場合には、フェンスのアイアンのデザインとお揃いのアイアンを選ぶようにしましょう。
門扉があると、ポスティングやセールスなどが、家の敷地内に侵入してくるリスクを軽減する効果もあるので、是非検討してみて下さい。